【平成30年】ふるさと納税はいつまでに寄附すれば間に合う?【2018】

【平成30年】ふるさと納税はいつまでに寄附すれば間に合う?期限前に確実に済ませよう!【2018】

 

このブログでは、ふるさと納税の仕組みやオトクなふるさと納税先を紹介しています

これまで当ブログ経由で1,000件以上のふるさと納税をしていただいています

 

ふるさと納税で日本旅行ギフトカードが還元率5割でもらえる案件です

商品券・ギフトカード案件は2018年10月で概ね終了し、残っているのは日本旅行ギフトカードぐらいです

旅行や出張などで使えば現金と同様に使える上に、「還元率5割」・「有効期限なし」と死角がありません

いつ終了するかわからないので早めにふるさと納税しましょう!

saveor.hatenablog.com

 

 

 

【緊急案件の紹介です2018年11月追記】 

今ならアマゾンオーディブルを無料体験することでさらに3000円分のアマゾンギフト券がもらえます 

1か月の無料体験期間中にベストセラー本を1冊無料で聴くことができて、しかも3000円分のアマゾンギフト券がもらえるんですからやらなきゃ損です

無料体験期間中に解約すればお金もかかりません

saveor.hatenablog.com

 

ふるさと納税はいつまでに寄附すれば間に合うのか?

 

平成30年1月1日から平成30年12月31日の1年間にふるさと納税(寄付)を行った分が当年度の所得税の還付、翌年度の住民税の控除の対象となります

 

つまり、2018年12月31日までにふるさと納税を済ませる必要があります

 

2018年もあと少しです、急がないと間に合わなくなります

しかも今年は総務省の指導により9月からお得な返礼品を自粛する自治体が出ています

案件が還元率の高い案件が豊富なうちに済ませておくのも大事です

 

 

 

12月31日までまだ時間あるから余裕??

 

そんなに余裕でもありません

基本的に役所は12月29日から31日まで休みです

 

大勢の人がギリギリに申し込みをすると役所側が処理できないなんてことにもなりかねません

 

自治体によって若干の取り扱いの違いはあるようですが、12月31日までに寄付金が入金されていないといけません

 

だから時間に余裕をもって手続きする必要があるのです

 

ふるさと納税の仕組みは?

 

私が細かく説明するよりも、下記のような「ふるさと納税サイト」で確認していただいた方がわかりやすいし確実です

 

【ふるさと納税サイトふるなび】

 

 簡単に言うと・・・

・ふるさと納税とは、自治体への寄附金のこと

・寄附をした自治体から「お礼の品」をもらえる 

・個人が2,000円を超える寄附を行ったとき、住民税のおよそ2割程度が還付・控除される

 

しかも2015年4月1日より税制改正が行われ、手間は少なく、控除額は倍になっています

 

・控除額が2倍に!

住民税のおよそ1割程度だった還付、控除額が2割程度に拡大しました

 

確定申告が不要に!(ワンストップ特例)
年間に5自治体までの寄附であれば、寄附ごとに申請書を寄附自治体に郵送することで確定申告が不要となります

 

実際に控除額が2倍になってから、ふるさと納税の件数はものすごい勢いて増えています

 

毎年数万円も得することができるのにやらない手はありません

一度勉強すれば毎年使えます

 

 

 

自分はいくら控除されるの?

 

これも「ふるさと納税サイト」にから計算できます

 

【ふるさと納税サイトふるなび】

 

簡単な表が目安表は下記のとおりです

家族構成等によって金額が変わるので、詳細は「ふるさと納税サイト」で」計算しましょう

 

例えば、独身で給料収入が500万円の場合、寄附金額の上限は61,000円となります

年間でのふるさと納税による寄附金額が、全額控除となる控除上限額を超えた場合、控除上限額を超えた金額については、全額控除の対象とならないので注意が必要です

 

f:id:saveor:20171119191952j:plain

 

ちなみにふるさと納税の支払いは確実にクレジットカードでしましょう

額が大きいのでクレジットカードのポイント還元もしっかりもらっておくのが賢い選択です

 

お礼の品は何がお得なの?

 

ふるさと納税では「還元率30%程度」であればお得と一般的に言われています

 

例えば10,000円の寄附をして3,000円分相当の返礼品があった場合、還元率30%といった具合です

 

実際に還元率の高い商品を探すのは手間がかかるため、納税サイトの人気ランキングを見ると良いです

ランキングの高いものは基本的に還元率が高いです

 

「ふるさと納税ブロガー」である私が、独断と偏見で選んだオススメ返礼品を紹介しますので参考にしてみてください

 

日本旅行ギフトカード(2万5千円分):寄付金額5万円

日本旅行ギフトカード(1万円分):寄付金額2万円

日本旅行ギフトカード(1万円分):寄付金額2万円

日本旅行ギフトカード(1万5千円分):寄付金額3万円

日本旅行ギフトカード(2万円分):寄付金額4万円

日本旅行ギフトカード(2万5千円分):寄付金額5万円

日本旅行ギフトカード(3万円分):寄付金額6万円

日本旅行ギフトカード(3万5千円分):寄付金額7万円

日本旅行ギフトカード(4万円分):寄付金額8万円

日本旅行ギフトカード(4万5千円分):寄付金額9万円

日本旅行ギフトカード(5万円分):寄付金額10万円

 (上記の金額以外にも段階的に200万円まで寄付することができます)

 

今年最も熱かったギフトカード系案件

今では残っているのは、この日本旅行ギフトカードのみとなっています

旅行や出張で使えば現金同様で使える上に、還元率5割・有効期限なしと文句なしの案件となっています

終了するのも時間の問題です

 

 

 

サーティワンアイスクリーム商品券8枚 寄付金額:10,000円

サーティワンアイスクリーム商品券8枚 寄付金額:10,000円

サーティワンアイスクリーム商品券8枚 寄付金額:10,000円

 

ふるさと納税サイト「ふるなび」で長期間1位となっている「サーティワンアイスクリーム」の案件です

サーティワンの「アイスクリームギフト券」(500円券)が8枚もらえるので4,000円分になります

還元率は4割と高還元です

普通のアイスだと考えると割だがですが、誕生日にアイスクリームケーキを買うのであれば割とコスパはいいのではないかと思っています

 

リンガーハットグループ共通商品券8枚 寄付金額:10,000円

 

リンガーハットグループ共通商品券8枚 寄付金額:10,000円

リンガーハットグループ共通商品券8枚 寄付金額:10,000円

 

日本国内の長崎ちゃんぽんリンガーハット、とんかつの浜勝でのお食事にご利用いただけます

 

次は長崎ちゃんぽんで有名なリンガーハットの商品券です

こちらも500円券が8枚もらえるので還元率は4割と高還元です

リンガーハットに行く人にとっては、現金同様使えるのでお得です

 

モンベル ポイントバウチャー5,000pt 寄付金額:17,000円

モンベル ポイントバウチャー5,000pt 寄付金額:17,000円

モンベル ポイントバウチャー5,000pt 寄付金額:17,000円

(上記の価格帯以外でも寄付することができるので、リンク先をご確認ください)

 

モンベルポイントバウチャーはモンベル社の直営店、オンラインストアでご利用いただけるモンベルポイントの引換チケットです。

1年間のモンベルクラブ会員無料登録(既存会員は1年間有効期限延長)と、ポイント加算がセットになった商品です。

この返礼品に寄附をするとAmazonギフト券 コード1,700円分(10%分)がもらえます!(期間限定)

 

アウトドアブランド界の「ユニクロ」と言われる「モンベル」の返礼品です

17,000円寄付すると5,000円分のモンベルポイントバウチャーと1,700円のアマゾンギフト券がもらえます

なので還元率は実質4割近くになります

 

アウトドア用品だけでなく、スポーツ用品も揃っていてなかなかお得です

 

 ヒマラヤオンライン15,000クーポン 寄付金額:50,000円

ヒマラヤオンライン15,000クーポン 寄付金額:50,000円

ヒマラヤオンライン15,000クーポン 寄付金額:50,000円

(上記の価格帯以外でも寄付することができるので、リンク先をご確認ください)

 

この返礼品に寄附をするとAmazonギフト券 コード5,000円分(10%分)がもらえます!(期間限定)

 

こちらもアウトドアブランドのヒマラヤのクーポンがもらえます

「スポーツするならヒマラヤ」というCMがあったように、ウィンタースポーツだけでなく、アディダスやナイキなどのスポーツ用品も販売されています

部活をしているお子さんがいるような家庭にはオススメです

 

10,000円から寄付ができるのもありがたいです

今なら、還元率3割に上乗せして、アマゾンギフト券が寄付金額の1割もらえるので実質的な還元率は4割となっています

 

 

 

よなよなエール 350ml×1ケース(24本) 寄付金額:10,000円

よなよなエール 350ml×1ケース(24本) 寄付金額:10,000円

よなよなエール 350ml×1ケース(24本) 寄付金額:10,000円

つややかな琥珀色、厳選されたアロマホップ「カスケード」が織りなす柑橘類を思わせる華やかでふくよかな香り、ほんのり甘さを感じるコクとやわらかな苦味。

「よなよなエール」を飲むひと時は、日々の喧騒を忘れるような至福のひと時となることでしょう。

 

 キリン一番搾り 350ml×24缶 寄付金額:10,000円

キリン一番搾り 350ml×24缶 寄付金額:10,000円

キリン一番搾り 350ml×24缶 寄付金額:10,000円

 

いずれもふるさと納税で1番人気の泉佐野市の返礼品です

毎日の晩酌をする人にはありがたい返礼品です

キリン一番搾りは還元率4割超えを叩き出しています

 

iPad Wi-Fi 128GB 寄付金額150,000円

iPad Wi-Fi 128GB 寄付金額150,000円

iPad Wi-Fi 128GB 寄付金額150,000円

 

iPadPro 10.5インチ Wi-Fi 256GB  寄付金額260,000円

iPadPro 10.5インチ Wi-Fi 256GB  寄付金額260,000円

iPadPro 10.5インチ Wi-Fi 256GB  寄付金額260,000円

 

iPadとiPadプロがいずれも返礼品となっています

価格コムの販売値段と比較しても、還元率3割程度となかなかイイ線いっています

 

NEC製 15.6型ノート[LAVIE Direct NS] 寄付金額:324,000円

 

NEC製 15.6型ノート[LAVIE Direct NS] 寄付金額:324,000円

NEC製 15.6型ノート[LAVIE Direct NS] 寄付金額:324,000円

 

パソコンの案件も以前は多かったのですが、現在残っているのはこの案件くらいです

なくなってしまう前にふるさと納税してしまいましょう

 

さいごに

ふるさと納税は国策「地方創生」の目玉事業のため今後も続いていくはずです

勉強しておけば当分は使える知識になるため、早いうちから取り組んでおきましょう

 

【当ブログのおすすめ記事】

saveor.hatenablog.com

saveor.hatenablog.com