ユニクロの折りたたみ傘のレビュー。無印良品と比較してみました。

ユニクロのコンパクトアンブレラのレビュー。無印良品と比較してみました。

 

どうも「がんばらない節約ブログ」略して「がんせつ」です

私は節約ブロガーであると同時に、ユニクロブロガーでもあります

 

今回は、2019年3月に復活したユニクロの折りたたみ傘を紹介していきます

 

 

ユニクロオンラインストアで購入するときに「楽天リーベイツ」という楽天系列のポイントサイト経由で購入すると楽天スーパーポイントが600円分もらえます

楽天のアカウントを持っている人であれば、数秒で登録が完了します

数秒の手間で600円分のポイントがもらえるのであればやるしかありません

 

【登録はコチラから】

www.rebates.jp

詳細については記事にまとめています

saveor.hatenablog.com

 
 

 

ちなみに私はこれまでアマゾンのタイムセールで買った「よくわからないメーカーの傘」を使っていました

セールで買ったと言っても、1,500円から2,000円の間くらいの価格です

 

実際にこういう人ってけっこういると思うんですよ

傘のメーカーなんてろくに調べずに買う人

 

ユニクロの折りたたみ傘ってこういう人にオススメだと思います

 

その傘は私の扱いが雑だったこともあってか、傘の骨の部分がすぐに錆びてしまいました

傘とかの類になるとアマゾンのレビューはあまり信用できません

実物が届いてもいないのにレビューする人や業者が自分でレビューしているようなこともありますからね

 
 

 

そこで思いました

「もう、ユニクロの傘で良くないか」

「自分で実際に見て買うことができて、信頼できるメーカーの商品の方が良くないか」、と

しかも、1,500円から2,000円の価格に収まります

 

今回紹介する傘は、ユニクロの「コンパクトアンブレラ」(1,500円+税)です

親骨の長さは55cm,折りたたみ時の長さ(持ち手を含まず)は22cm

 

同じ価格帯で無印良品から「晴雨兼用軽量折りたたみ傘」(1,490円)も販売されています

f:id:saveor:20190407183935p:plain

 

あとはセブンイレブンの折りたたみ傘も人気です

(ネットで調べて見ましたが、公式サイトで値段を確認することができませんでした)

 

個人的には、この3つを比較すれば十分だと思います

それ以上は時間のムダです

時間のムダをした私が言うのですから間違いありません

 
 

 

ユニクロ「コンパクトアンブレラ」のレビュー

コンパクトアンブレラ

【ユニクロ公式サイトより】

・環境問題を考え、フッ素フリーの撥水加工を採用。
・中棒(フレーム)は剛性が高く、変形しにくいアルミ合金製。
・傘地が回転して風を受け流すので、風の強い日でも安心して使える。
・傘袋の紛失防止のために取り外し可能な着脱式ストラップを採用。
・傘袋を閉じるドローコード部分には反射材を使用。
・手になじみやすいように設計されたハンドル。
・中棒の形は丸ではなく楕円の多面体になっていることで、折れにくく変形しにくい。
・一般的な骨組みは6本の傘が多いところ、8本の骨組みにすることで安定感がある。
・傘を開くための”はじき”をなくすことで、操作がしやすい。

 

特に特徴的なのは赤字の部分ですね

まずは1つ目

「傘地が回転して風を受け流すので、風の強い日でも安心して使える。」

ユニクロの店舗で確認しましたが、確かに傘がクルクル回転します

実際に強風に煽られてみないと実感がわきませんが、強風を受け流してくれるのであれば傘が引っくり返る心配をしなくていいですね


 

 

そして2つ目

・傘袋の紛失防止のために取り外し可能な着脱式ストラップを採用。

コンパクトアンブレラ

 

折りたたみ傘の傘袋がなくならないように着脱式ストラップでとめておくことができます

これって傘をさしている間もストラップをつけるのでしょうか?

 

続いて3つ目です

 ・一般的な骨組みは6本の傘が多いところ、8本の骨組みにすることで安定感がある。 

こう言われると、なんとなく頑丈そうに感じてきます

 

さいごに4つ目です

 ・傘を開くための”はじき”をなくすことで、操作がしやすい。

コンパクトアンブレラ 

 

「はじき」と言われても、あまりピンとこないかもしれませんが、傘を閉じるための尖った金属の部分がありません

写真のプラスチックの部品を引くことが傘を閉じることができます

 
 

 

ユニクロと無印良品の折りたたみ傘の比較レビュー

無印良品の折りたたみ傘のレビューについては、また別記事でするつもりです

(この記事にそれなりに需要があれば書きます)

 

無印良品の傘のメリットを簡単に説明すると

・紫外線をカットできる

・傘をまとめる時に右まわりでも左まわりでもまとめられる

・ユニクロに比べてカラーバリエーションが豊富

これくらいでしょうか

 

ユニクロと無印良品で比較した場合に一番気になったのは「傘袋への収納のしやすさ」です

折りたたみ傘の何がイヤかって、雨で濡れた傘を傘袋に収納しなければならないことです

私はあまり器用ではないので、傘袋への収納がしやすいことは重要です

 

実際に店舗で傘を開いてから収納してみた結果、ユニクロの傘袋の方が収納しやすいように感じました

無印良品の傘はコンパクトな設計を重視しているせいか傘袋に入れにくかったです

 
 

 

値段も一応比較しておきましょう

無印良品の傘は税込1,490円です

良品週間中に買えばここから10%OFFの1,341円になります

 

これに対してユニクロの傘は税抜1,500円です

ただ、個人的な予測ではセールになれば1,290円までは下がると思います

梅雨の時期が終わったら場合によっては990円くらいまでは下がるでしょう

 

これくらいの値段を気にするよりは好きな方を買った方がいいですね

 

【1500円分のポイントがもらえるオススメ案件】

saveor.hatenablog.com