読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばらない節約ブログ

アラサー独身会社員の節約ブログ。セール・懸賞・ふるさと納税についても書いています。

郵政3社上場-これから年末年始にかけてのリスク-

もはや節約とか関係ない

昨日、 郵政3社が上場しました

今日も株価は上がり、良い滑り出しですね

ホルダーの皆さんおめでとうございます。

ちなみに郵政3社とは「日本郵政」、「ゆうちょ銀行」、「かんぽ生命」のことです。

f:id:saveor:20151105203953j:plain

 滑り出しは順調だが

 滑り出しは好調ですが、日本郵政郵便事業で早速やらかしていますね。

そう、マイナンバー通知カードの誤配達」です。

思いっ切り個人情報を流出させています。

配達がなければ本人さえ知らない情報ですね。

上場したからには、今後こういった誤配達が続くようだと株価下落の要因となります。

プレスリリースも出ていますね。もう何件もあるみたいです。

www.post.japanpost.jp

年度末になると

既にやらかしてしまった日本郵政ですが、年始になると年賀状の問題があります。

そう、例年のように「年賀状を捨ててしまう配達員」が出てきます。

まあ、だいたいは「量が多すぎて捨ててしまった。」という子どもみたいな理由ですね。

アルバイトが配達することもあるのでこういったことは今後も続くでしょう。

このニュースのせいで正月明け早々、売り気配で始まったら辛いですね。

信用力があるが故に

郵政3社はいずれも親方日の丸的な安心感があり、世間での信用力があります。

この「信用力を利用した詐欺」などもあるようです。

おそらく田舎では抜群の信用力があり、お年寄りの懐の事情をよくわかっているためこのようなことができたのだと思われます。

 今後こうした記事が出る度に株価が下落するのでしょう。

郵政3社とまとめられるくらいなので、1つの会社で不祥事があれば、投資家の連想により全ての会社が売られます。これが1セットの辛いところですね。

以下、10月13日の朝日新聞のニュースの抜粋です。

長野県小諸市の諸(もろ)簡易郵便局長(66)が、顧客約180人から計約8億9千万円をだまし取っていた、と日本郵便信越支社が13日、発表した。信越支社は、すでに返済された分などを除く実質的被害は約6億円とみており、補償手続きを進めるとともに、詐欺容疑での告発を検討している。

 信越支社の説明によると、元局長は10年ほど前から今年2月下旬まで、窓口に訪れた顧客に「100万円を出せば、半年で約1割の利子を支払える」などとうその説明をし、現金を受け取っていた。現金と引き換えに、郵便貯金の手続きなどで使う「預かり証」を渡していた。

結局・・・

いやあ、まるで週刊現代のような記事を書いてしまいましたが、言いたいことは「この波に乗れなくて悔しい」ということです。

IPO当たった人うらやましいなあ。

⇩予想的中?

saveor.hatenablog.com

⇩最近書いた記事です。

saveor.hatenablog.com