同時多発テロはなぜ「同時」に「多発」させる必要があるのか?

同時多発テロ

パリの同時多発テロのニュースを観ていて、ふと思いました。

なんで「テロ」は、「同時」に「多発」させる必要があるのだろう。

自分なりに考えた結果、同時多発の方がインパクトがあり、ニュースバリューがあるからだという結論に達しました。

また、ある程度同時にやらないと「警察の捜査が始まってしまうから」というのも理由も考えられます。

アメリカの「9.11」以降、「同時多発テロ」という言葉を何の違和感もなく受け入れている自分がいますが語呂が良いからでしょうか。

今回のパリのテロ

 ニュースでは下記のとおり報じられています。

「パリ検察は14日、実行犯は3グループで構成され、劇場やスタジアムなど複数箇所を約30分間の短時間で集中的に攻撃する周到な計画を立てていたとの見方を明らかにした。地元メディアによると、少なくとも127人が死亡、約300人が負傷した。」

記事を見ると、劇場やスタジアムなど人が集まるところが狙われた他、レストランなども襲撃されたようです。

不謹慎ではありますが

「9.11」よりもかなりスケールが小さく感じられます。

以下、「9.11」の被害です。

「2001年9月11日午前、イスラム系国際テロ組織アルカイダ実行犯がハイジャックした民間航空機二機が両タワーに次々に自爆突撃をした。テロリスト含む乗員・乗客・テナント・消防・警察など、あわせて2749人もの死亡者を出す惨事となり、ワールドトレードセンターは崩壊した。」(ウィキペディアより)

 何故でしょうか。

「9.11」ではマンハッタンの金融街の象徴であるワールドトレードセンターに飛行機で突っ込むという映画でもありえないような形でのテロでした。また、死亡者も2,749人と今回のテロとは比較になりません。

一方、今回のパリのテロではパリを象徴する「凱旋門」、「エッフェル塔」、「ルーブル美術館」などは狙われておらず、また、そこまで人の密集していないレストランを襲撃するなど若干の行き当たりばったり感があります。

これはシリア難民に紛れたテロリストが、少人数でテロを実行しようとしたためかと思われます。

もっと時間があれば大規模なテロが可能であったかもしれないのに、この時期にテロを急いで実行しなければならない理由があったのでしょうか・・・。私には理由が全くわかりません。

日本でテロがあるなら

おそらく、東京の朝の通勤ラッシュ時の満員電車が狙われるでしょう。

オウム真理教の地下鉄サリン事件を思い出してしまいます。

以下、地下鉄サリン事件の被害です。

「1995年(平成7年)3月20日午前8時ごろ、東京都内の帝都高速度交通営団(現在の東京メトロ)丸ノ内線、日比谷線で各2編成、千代田線で1編成、計5編成の地下鉄車内で、化学兵器として使用される神経ガスサリンが散布され、乗客や駅員ら13人が死亡、負傷者数は約6,300人とされる。」(ウィキペディアより)

死亡にいたった人は少数ですが、負傷者数はかなりの数になります。

同時より時間差

個人的には同時より時間差の方が被害が大きくなるのではと思います。

台風でダイヤが乱れた時に、駅改札付近の状況がテレビ中継されることがあります。

あの映像を見るたびに「ここでテロがあったらヤバイな」と思うのです。

テロによりあの状況を作り出せば被害は甚大になるでしょう。

①まず、1回目の電車内のテロにより電車のダイヤを乱します。

(ここで高校生が「◯◯駅でテロあった、まじやべえ」とツイートします。)

②電車の運行がストップし、駅改札付近がごった返します。

③2回目のテロでは主要駅の改札付近に集まった人間を対象にします。

④以降、時間差で主要駅を狙っていくのです。

考えただけでも恐いですね。

2020年には東京でオリンピックが開催されます。テロリストにとっては格好の対象となります。日本政府は「テロには屈しない」と言いますが、何か具体的な方法はあるのでしょうか。

 さいごに

ってか、今回の記事は節約関係なさすぎですね。

多分、私はテロがあって公共交通機関が麻痺しててもタクシー代を惜しみそうです。

そういえば、昔、インリン・オブ・ジョイ・トイというタレントがいました。

 「エロテロリスト」って今考えると結構不謹慎な名前ですね。けしからん。

インリン・オブ・ジョイトイの「初恋の香り」―インリン写真集