読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばらない節約ブログ

アラサー独身会社員の節約ブログ。セール・懸賞・ふるさと納税についても書いています。

新医療費控除「セルフメディケーション税制」が始まる。薬局のレシートを取っておこう!

節約

新医療費控除「セルフメディケーション税制」が2017年1月から開始

f:id:saveor:20161229220640j:plain

先日、新聞を見て初めて知りましたが、従来の医療費控除制度とは別に新医療費控除が2017年(平成29年)から始まります。

医師の処方が必要だった成分を薬局で販売できるようにした「スイッチOTC薬」を1年を通して12,000円を超えて購入した際に、所得税の一部が還付される制度です。

そのほかに確定申告が必要なことと、健康診断・予防接種などを受けていることが条件となります。

セルフメディケーション税制の主旨は?

厚生労働省のQ&Aによると”セルフメディケーションは WHO において「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当すること」と定義されています。セルフメディケーションを推進していくことは、医療費の適正化にもつながります。”と記載があります。

国としては、簡単に医者にかかって保険を使用されるのを防ぎ、医療費を抑制しようとする狙いがあるようです。

スイッチOTC薬はどんな薬が対象なの?

 OTC医薬品に指定されるには一定の有効成分を含んでいる必要があります。

その成分を含んでいる「かぜ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬 、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬」が対象となります。対象数は現在1,000品目以上を超えています。

厚生労働省のホームページに対象薬品が掲載されていますので参考にしてみてください。(随時更新されるようです。)

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000145909.pdf

指定薬品を見てみると下記のように名前も聞いたことがある薬が結構あります。

似たような名前の薬でも含有成分によって対象になるかどうか異なるため注意が必要です。

・アリナミンEXゴールド  ・アレグラFX 
・アンメルシン1%ヨコヨコ  ・イブクイック頭痛薬 
・エアーサロンパスDX  ・エスタックイブファイン顆粒
・近江兄弟社メンターム ディープナー10クリーム 
・ガスター10 ・コーラックソフト 
・コルゲンコーワIB ・サロンパスEX 
・新エスタックイブエース  ・新コンタックかぜEX 
・新ルルAゴールドs  ・ダマリンL 
・ニコレット ・パブロンエース錠 
・バンテリンコーワ1.0%ゲル  ・フェイタスゲル
・ベンザブロックIP  ・メンソレータム 
・ルルアタックEX  ・ロキソニンS

対象品目は数が多すぎて覚えきれないと思います。

どの薬がスイッチOTC薬がどうかについては薬局やドラッグストアで確認しましょう。

新聞には「アマノドラッグは対象商品の値札の部分に星印をつける」との記載がありました。

また、スギ薬局ではレシートの商品名の横に「●」(黒丸)印が付けられるそうです。

年間1万2千円の薬代は家族の誰の分まで良いの?

厚生労働省のHPには「自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る」と記載があります。同一生計の家族のために使用する薬の購入代が対象となります。

実際の控除額の計算は?

厚生労働省のHPに試算が計算されています。

f:id:saveor:20161229213710j:plain

○ 課税所得400万円の者が、対象医薬品を年間20,000円購入した場合(生計を一にする配偶者その他の親族の分も含む)

○ 8,000円が課税所得から控除される
(対象医薬品の購入金額:20,000円-下限額:12,000円=8,000円)

○ 減税額
・所得税:1,600円の減税効果(控除額:8,000円×所得税率:20%=1,600円)
・個人住民税:800円の減税効果(控除額:8,000円×個人住民税率:10%=800円)

対象医薬品の購入代金の他に課税所得額や所得税率や個人住民税率が関係してくるためかなりわかり辛くなっています。

課税所得400万円の人が薬を20,000円購入して減税額が2,400円とのことで個人的には手間の割にメリットが少ないと感じます。これならふるさと納税の方が断然良いですね。

ちなみに控除の上限は88,000円です。

「健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組」の「一定の
取組」とは?

セルフメディケーション税制の対象となるには「健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組」が必要になります。

・ 保険者(健康保険組合、市町村国保等)が実施する健康診査(人間ドック、各種
健(検)診等)
・ 市町村が健康増進事業として行う健康診査
・ 予防接種(定期接種又はインフルエンザワクチンの予防接種)
・ 勤務先で実施する定期健康診断(事業主健診)

※申請者が任意に受診した健康診査(全額自己負担)は対象外です。

・ 特定健康診査(いわゆるメタボ健診)又は特定保健指導
・ 市町村が実施するがん検診
※ 市町村が自治体の予算で住民サービスとして実施する健康診査は対象外です。

なお、これらのうちのいずれか1つを受けていればよいため、全てを受ける必要はありません。

また、健康診査等は同一世帯の全員の受診は必要なく、確定申告をされる方が「一定の取組」を実施していることが必要です。

確定申告を忘れずに。レシートも必ず取っておこう!

薬局(ドラックストア)のレシートと「健康の保持増進及び疾病の予防への取組」を証明する書類を揃えて確定申告が必要です。

レシートをなくしてしまった場合は領収書に必要事項を記載してもらう必要があります。①商品名、②金額、③当該商品がセルフメディケーション税制対象商品である旨、④販売店名、⑤購入日が明記されていることが必要です。

また、従来の医療費控除制度との併用は不可なため、どちらの控除の方がお得がどうか判断する必要があります。

個人的な感想「手間の割にメリットが少ない」

普通のサラリーマンは確定申告をしない人も多い中で、数千円のためにこの手続はやっていられません。

1年間レシートを取っておくのも面倒な上、そもそも家族が多くないと薬局で12,000円も使わないのではないでしょうか。

そんなに使うようだったら大人しく近くのクリニックに行ったほうが良さそうです。

確定申告をする人で、家族が多くて、薬局で薬を買うことが多い人だけに恩恵がある制度ですね。

あと、この制度を悪用しようとすると、ドラッグストアのアルバイトがお客さんにレシートを渡さず、自分が買ったことにして確定申告をする可能性があります。

なにか防ぐ手立てはあるのでしょうか。