ペアーズでいいね!をもらう方法・数を増やす方法(男性編)

ペアーズでいいね!をもらう方法(男性編)

今回はペアーズでいいね!をもらう方法について書いていきたいと思います。

純粋な方は「自分の気に入った人とマッチングさえできれば、他の人からはいいね!なんかいらない」と思っているかもしれませんが、いいね!数が多い人には女性はなかなか振り向いてくれません。

いいね!をお互いしないとマッチングしないのでメッセージ交換が始まらないので、これは非常に重要な事項になります。

以下、基本は男性目線で書いていきます。

ペアーズいいね!数が多いとこう思われる

ペアーズでは写真・自己紹介・コミュニティくらいでしかアピールするところがありません。

そこで「いいな」と思われたり、「足きり」に合わなかった場合のみいいね!がもらえたり、自分から押したいいね!に対して「いいね!返し」があります。

その可能性を上げるのが、「自分が他の人から押されたいいね数」なのです。

 

女性は男性のいいね数が多いと「他の女性からも良いと思われているんだ」と認識します。

そして「他の人も良いと思っているのだから、まともな人かもしれない」と思うのです。

実際に会ったこともないのに勝手に「まともな人」として認識されるわけです。

(実際にまともかどうかはわからないのに)

 

ペアーズでは「アマゾンの評価」や「食べログの評価」と同じで写真と文章しかないので他の人の判断(=いいね数)に流されてしまいがちです

情報が限定的だからこそいいね!数が重要になります。

ペアーズいいね!数が少ないとこう思われる

いいね!数が少ないと全く逆の事態になります。

いくらイケメンで高年収などのハイスペックでもいいね!が少ないせいで「サクラ・業者・勧誘ではないか」と思われてしまったり、「まともに活動していないのではないか」と思われてしまいます。

また、イケメンでもハイスペックでもない人は「他の人からいいね!すらもらえていないから良くない人なのではないか」と思われてしまうのです。

実際に会ったわけでもないのにです。

ペアーズでいいね!を増やす方法(写真・自己紹介)

自撮りはNG、他撮りの写真を掲載しよう

これはよく言われているところですが、自撮りは女性のウケがよくありません。

ナルシストに思われてしまうからでしょうか。

顔のわかる写真と全体の雰囲気の写真がわかる写真を友人等に撮ってもらいましょう。

 

顔がわかる写真を掲載するのに抵抗がある場合でも、少なくとも雰囲気のわかる写真は掲載した方が良いです。

登録している人は顔を出している人ばかりなので、掲載していないとよほど不細工だったりブスなのかと思われてしまい、いいね!をもらえません。

自己紹介を充実させよう

f:id:saveor:20170102184643p:plain

自己紹介は必ず書きましょう。選択項目の部分も可能な限り埋めましょう。

ちゃんと書いてあれば書いてあるほど、真剣に婚活・恋活する気があると思われ、誠実そうに見えます。

なお、個人的には自己紹介はほどほどの分量で書いた方が良いと思います。

たまに女性でとてつもない文字数の自己紹介を書いているのですが、「こだわり」が強い方で、もしかしたら地雷なのかなと思って敬遠してしまいいます。

自己紹介はほどほどにして、その分メッセージで会話しましょう。

パソコンとスマホの両方から合計8個の無料いいね!をする。

ペアーズでは毎日無料いいね!ができます。

スマートフォンのアプリからいいね!されている方が多いと思いますが、パソコンからでもスマホとは別カウントで無料いいね!ができるのです。

スマホから4回の無料いいね!パソコンから4回の無料いいね!で計8回の無料いいねができます。

意外と知られていないので是非実践してみてください。

月にすると4回✕30日で120いいね!分もの差がつきます。

足跡をつける

f:id:saveor:20170102184442p:plain

これも大事です。いいね!数にも追加で課金をしないと限りがあります。

足跡をつけることによって相手方からいいね!をもらえる確率を少しでも上げます。

けっこう時間がかかるので、Wi-Fi環境がある場所でエアロバイクなんかを漕ぎながらやるのが一番いい気がします。

さいごに

女性編も書こうかと思ったのですが、男性とほぼ同じなので時間があったら書きたいと思います。

女性の場合はかわいいかったり、美人だと勝手にいいね!数が増えるので男性よりもいいね!数について考えなくて良いのかもしれません。

男性目線だと「必須の質問付きいいね!」が設定されているといいね!し辛い点だけお伝えしておきたいです。

saveor.hatenablog.com

saveor.hatenablog.com

saveor.hatenablog.com