読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばらない節約ブログ

アラサー独身会社員の節約ブログ。セール・懸賞・ふるさと納税についても書いています。

ベーシックインカムがもらえるなら俺は仕事を辞めるぞ!

もはや節約とか関係ない 感想

フィンランドがベーシックインカムを導入するそうです

ニュースによると下記のとおりだそうです。

  • フィンランド政府は全国民に毎月11万円の支給を検討中
  • 代わりに、すべての社会保障を停止する予定

news.livedoor.com

 日本円で11万円ももらえるなら

仕事辞めます。

すぐにとは言いませんが、早期リタイヤは確実です。

通勤時間含め毎日12時間以上も拘束されていては何のために生きているかわかりませんからね。

毎月11万円もらって節約生活している方がよほど人間らしいですわ。

まあ、日本での11万円がフィンランドでどれくらいの価値があるかはわかりませんが・・・。

フィンランドは高福祉・高負担

ネットの情報を見る限りでは、消費税20%、所得税50%程度のようです。

ベーシックインカムの財源についても税金を充てる形になるはずですが、これ以上負担を大きくするのでしょうか?

あんまり頑張って働かずに、節約した方がよさそうな国ですね。

節約には税金がかかりませんから。

私だったらそうします。

日本でのベーシックインカムは実現可能なのか?

フィンランドという国は割りと知名度があるため、なんとなく大きい国を想像してしまいがちですが、人口は500万人程度であり北海道や福岡県とほぼ同程度です。

このくらいの人口であれば政府も情報管理できるのかもしれません。

日本の場合は1億2,000万人もいるのでフィンランドの20倍以上であり、実現には困難を極めそうです。

マイナンバーはベーシックインカムの布石か?

情報管理といえば、マイナンバーが思い浮かびますね。

まだ、具体的な話はまだ何も決まっていないようですが、ゆくゆくは「銀行口座」や「健康保険証」の情報がマイナンバーに紐付けされると言われています。

マイナンバーで銀行口座を把握していれば、ベーシックインカムの振込先口座を新たに登録する必要がなくなるため、政府・役所側としては手間が省けるのかもしれません。

最後に

フィンランド人は真面目で、私みたいに「ベーシックインカムをもらえれば働かない」と考える人は少ないのでしょうか?働かない人が増えれば税収が減り、財源は減りますよ。

また身体的・精神的・知的・性格的な問題で、お金を渡しただけでは生活できない人が多くいると思います。そのあたりのケアはどうなのでしょうか。

ファンランドの取り組みがただの実験に終わらないと良いですね。

⇩フィンランドといえばムーミンですね。

学研ステイフル ムーミン 2016年 カレンダー moomin BM12016